布小物 種 のブログ

--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |





2015/11/01 (Sun)

亀甲花刺しで冬のこもの

38.jpg

こちらは、亀甲花刺しという模様です。グレーのリネンに生成りの一本取りで。

グレーのリネンは、色の濃さと手触りが力強さを感じさせるのに、じーっと見ていると繊細で、女っぽい(女が繊細という意味ではない)雰囲気もあり、気に入って少しずつ使っている生地です。上手に表現できないのですがとても好きです。

冬のイメージで刺していて、薄い綿を挟んだコースターになります。
出来上がりの写真はまた後日。

36.jpg

こちらは私物。久しぶりの亀甲花刺しだったので、おさらいのつもりで布巾に刺しました。
布巾のオーダーもお受けしています。お店のトップページの上部「お問合せ」からご連絡下さい。

亀甲花刺しは赤の刺し子糸で刺すと小さな子どもを想わせる、とても愛らしい模様です。
それもいつか、見て頂けたらなと思います。

刺し子 |





2015/10/01 (Thu)

4つの模様

shop_171.jpg

新しくお店にアップしました。
一枚の花ふきんに4つの一目刺しを刺しました。
笹刺し、亀甲刺し、十字刺し、籠目。

地刺しの素朴さを感じられるふきんだと思います。
選ぶ模様や、分割の仕方、糸を何色使うかで雰囲気ががらっと変わります。
新しい事をしなくてもそれだけで、新鮮な気持ちになります。

布こもの種

刺し子 |





2015/09/20 (Sun)

一目刺しの籠目

20150920.jpg

オーダーを頂いて刺していた一目刺しの籠目模様です。
枠はグレーの、模様は黒の絹糸を二本取りして刺しています。

この模様は、横を支えるように斜めを刺し、斜めを支えるように反対からまた斜めを刺します。
刺しているといつも、地刺しらしい地刺しだなと思います。進むごとに布が強くなり、最後の斜めを刺す段階で、
強いだけでなく、滑らかさが備わっている事に喜びを感じます。

繕い縫うことが生きることに直結していた時代はもう遠いけれど、
籠目のようなシンプルなら地刺しには、その頃の暮らしに思いを致す要素がたくさん詰まっているように思います。

オーダー |





2015/09/05 (Sat)

十字刺しにぐし縫い


shop_164.jpg

久しぶりの更新です。
お店に、十字刺しの花ふきんをアップしました。

今回は、十字刺しの上に薄いピンクでぐし縫いをしてあります。
大き目の十字刺なので、少し引っ掛かりに注意して頂きたいのですが、
ぐし縫いが十字を抑える役目をしていて、引っ掛けたとしても糸がぐいーっと付いてくる事はないと思います。お洗濯も手洗いで、がしがし洗って下さって大丈夫。むしろぐし縫いした分丈夫なふきんです。

この後もオーダー品制作の合間を縫っての更新になります。
オーダーは随時承っておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

どうぞよろしくお願いします。
布こもの種

刺し子 | comment(0) |





2015/07/25 (Sat)

絹糸で

shop_155.jpg

こちらはオーダー頂いた麻の葉くずしの花ふきんです。
絹の手縫い糸を2本取りして刺しました。

絹糸は、あんまりいう事を聞いてくれないので綿糸より刺しにくいですが、
刺し上がると、「晒しがこんなに柔らかくなるんだ」という驚きがあります。
いつまでも触っていたくなる手触りです。

遠くの街へ、無事に届きますように。

*****
引き続きオーダー品制作のためショップの更新はまだ先になりそうです。
お問合せ、リクエストなどはお気軽にご連絡下さいね。

オーダー |





<< back | TOP | next >>

PROFILE

yoko

Author:yoko
布こもののお店「種」の更新情報など

札幌市在住 

布こもの 種

名前:

メール:

件名:

本文:

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

CATEGORIES

LINKS

このブログをリンクに追加する

Search this site.

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。